PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 時の旅人クレア Outlander
    元気 (08/04)
  • 燃ゆる十字架のもとに 2,3,4 The Fiery Cross
    元気 (08/04)
  • メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイ Reunion
    schie (05/09)
  • キスミーエンジェル Kiss an Angel
    schie (05/09)
  • 黒騎士に囚われた花嫁 A Kingdom of Dreams
    schie (05/09)
  • メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイ Reunion
    みゆ (05/04)
  • キスミーエンジェル Kiss an Angel
    咲 (04/28)
  • 黒騎士に囚われた花嫁 A Kingdom of Dreams
    咲 (04/28)
  • メモ
    schie (04/20)
  • メディエータZERO〈episode3〉復讐のハイウェイ Reunion
    schie (04/20)
CATEGORIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

読書メモ

自分用メモなので、ネタバレ激しいです。
注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
復讐のゆくえ

いやー、なんでしょうね、これ(笑)

まず最初に、翻訳のまずさが際立ってたため、もう日本語が気になって気になって話に没頭できない(笑)

文体の統一ぐらいはしてくれないと…。ちょくちょくまざる「である」はちょっと。

であるを使いたいなら、ずっとであるにしないと。

 

キャラクターと口調、ボキャブラリーがあってない。

出会ったばかりのCEOの口調?それ?とか。

いや、アメリカだから英語ではそうかもしれないけど、

日本人が読むと違和感大。

「ほらな!」とか、CEOが初対面で言ったら、どんな仕事できないCEOなんだって思ってしまう(笑)

 

でも、義母の意地悪の理由とか、

復讐が遂げられるのかとか、結末わからないと気持ち悪いので読んでたのですが、

いやー、もう、所謂ホットなシーンで、笑ってしまってもう真面目に読めず脱落です(笑)

「こんなの初めてーーー!あーーーーーーっ!」

とか、いや、あの、どこのフランス書院ですかと(笑)

 

で、あとはスミマセンが、謎解き部分らしき部分のみ拾い読みでゴール!

いやぁ、なんかもう、すみません、昭和臭きつすぎて、

真面目に読めませんでした(笑)

 

原作もあまり良くできている話ではないと思います。

特に、ほんとにホットなシーンが、もうなんか、中学生の考えるエロ的な。

そこに翻訳のまずさも相まって、なんとも、なんだこりゃ?の読書となってしまいました。

| - | 19:24 | comments(0) | - | - |
レディの告白は嵐を招いて

Kindle unlimited で読んだ中ではかなり良い。

伯父に引き取られ、婚期を逃した20代後半の良家の女子が、

ポルノ小説を書いているというお話です。

設定としてはかなり大柄、容姿も普通?

 

ヒーローの方は、ワーテルローで顔や体に傷を負い、

自分を庇って死んだヒロインの従兄弟に負い目を感じている設定。

 

特に大きな時間もないのに、スルスルと面白く読めます。

作者が上手なんでしょうね。

ヒロインの友人の未亡人とヒーローの友人の恋愛の件はいらなかったのでは?

と思いますけど、それ以外すごく自然に読めました。

 

でも読み返しはないかな?

| - | 19:16 | comments(0) | - | - |
Promises

読了後かなり時間がたってしまいましたが、なかなか良かったです。

洋書、久しぶりに読みましたが、kindle だとちょっとした単語もすぐ調べられるし便利ですね〜。

 

さて、これはシリーズ物のスピンオフ短編のようで、元のシリーズ全てを読んでいない(もしくはもう記憶の彼方)の私でした。

けど、これはこれだけでも楽しめます。

 

ヒーローは、ヒロインに会った時に、とくに自分の出自を明かさず接します。

なぜかというと、お金持ちでハンサムな彼は、女性の反応にうんざりしてたから。

ヒロインのほうは、自分が実は男性名義で人気の冒険手記を書いている人物だと明かします。

2人は意気投合しますが、彼が身分をはっきり示さなかったことで、やや関係がこじれます。

最終的には、ヒロインが彼を助けるために遠路はるばる旅をしたことで、関係修復。

めでたしめでたし、と言った感じ。

 

長編だと、ヒロインの行動が変になることが多いので、短編でよかったなーと(笑)

Kindle unlimitedで読んだ中では上位ですね。

ホッとした。

| ジュード デヴロー Jude Deveraux | 17:11 | comments(0) | - | - |
青い水晶の瞳に魅せられて

なんとか頑張って半分近くまでは真面目に読んだんだけど、

もう我慢ならず、あとは飛ばし読みの感想です。

 

ヒーローの侯爵は、工場を経営しています。

ヒロインは、機械化のせいで労働者たちは貧しくなっている、

という反機械化、反産業革命の思想の持ち主で、

ヒーローに向かって反発します。

侯爵は、自分の工場を見てもらえれば、考えを変えてもらえる、

と何度もヒロインに言うのですが、ヒロインは見なくても分かる、

と聞き入れません。

 

という導入あたりでもう心折れたのですが、

救いがあるのではと半分まで読み、やっと誤解が解け。

で、あとはすっ飛ばしです(笑)

 

自分で見たわけでもない事で世界の全てを判断する、

頭でっかちの世間知らずのお嬢様。

最悪です。

 

 

Amazon unlimited でロマンス本読書復活したわけですが、

読み放題対象になるものだからなのか、

どーも読んだ後にモヤモヤが残る作品が多く。

ロマンス本ってハッピーエンドだから、モヤモヤがあまり残らないのが良い点だと思うのですが…

読み放題対象も残り少ないし、

講談社と小学館の本も読み放題対象から外れたので、

Unlimitedの次の更新はしなくてもいいかな?

と思っているところです。ふう。

| - | 16:25 | comments(0) | - | - |
雨の夜のキスはふたりの秘密

「カメリアハウスでもう一度」の続編。

次女のダフネの話です。

侍女ケイトの代わりに娼館でダンスをすることになり、

(ケイトは父親の借金のために夜だけ副業をしていた)

ヒーローに出会い、恋に落ちるという話です。

素性を明かすわけにはいかないので、ヒロインは自分はケイトという侍女で、

借金のために踊っていた、とヒーローに話します。

 

で。

結果、ヒーローがその借金の件を解決したのですが、

ヒロイン、「ありがとう」って言ってない…

ヒーローが素性をちゃんと明かしてなかったっていうけど、自分もだし、

何はともあれ、何の関係もない通りすがりの人間がそこまでしてくれたのに

お礼ナシって?

って感じです。

 

あと、某公爵の、SM趣味って、別に物語に入れる必要性あった????

なんだか無駄な伏線というか、ごちゃごちゃしていてまとまってない感じ。

 

久々にロマンス小説読んでますが、

なんだか全体的にレベル下がってる気がするのですが…

ロマンスブームのせいで、あまり調べないで訳してるとか?

Kindle unlimitedのだけ読んでるからかもしれませんけどね。

| - | 22:28 | comments(0) | - | - |
SEARCH THIS SITE.
人気の記事
レンタルサーバー
RECOMMEND
OTHERS
MOBILE
qrcode
広告
SPONSORED LINKS